和田屋 女将のつれづれ

お知らせや、山間の生活の中の小さな出来事などをお伝えさせて頂きます。

Kくんのお着き菓子

Kくんのお着き菓子 以前は、ご宿泊のお客様がお着きになられてから、お茶とお菓子をお部屋にお持ちしたり、お部屋での様々なご説明で、私共スタッフが長くお客様のお部屋に留まっておりましたのですが、 この時期でございますので、ご宿泊のお客様がご到着された後は、ロビーにてお部屋等のご説明をさせて頂き、後はお部屋でゆったりとくつろいで頂きたいと、 お着きお菓子は、当屋のパティシエと言われる板場Kくんの地元食材を使った...

続きはこちら

秋の様々。

秋の様々。  【秋の様々】 花が終わってタネになったモノや、乾燥して冬を迎えるカタチになった花のナゴリも、歳を重ねる毎に好きになっております。 小さなまぁるい実や、乾燥してモヘヤのセーターのような芒(ススキ)の穂は、掌に乗せるとお日様の香りと、実を結んだ温かさが伝わって、なんとも心地がよい。 美しく咲き誇る原色の色合いを過ぎて、少しスモーキーな色合いになった草花の、鄙びた感じがまた落ち...

続きはこちら

何事も奥深く・2

何事も奥深く・2 「何事も奥深く・1」からつづき 芒の穂の生え方も本当に様々にあって、穂ももちろん、葉っぱの形も様々だから、実は皆様が、絵に描くような“穂が金色で茎から一方方向に美しく出ている芒”というものは、少ないのであります。 今年はコロナ禍で中止になりましたが、「お月見宴席」などがある時、たくさんの白山麓の個性的で美しい芒の種類の中から、“絵に描いたような芒”を見つけることを愉しみしている私です。 皆様も...

続きはこちら

何事も奥深く・1

何事も奥深く・1   【何事も奥深く】 以前、素晴らしく聡明で博学の方々ですが、山の“芒(すすき)”のことは、さすがに東京という都会にお住まいの為、ご自身のご辞書には無かったようで、とてもご興味を持って聞いて頂きました。(笑) 白山麓という誠に豊かな自然に囲まれた場所に住んでおります私は、ほぼ毎日のように、お客様のお部屋に生ける花を摘みに山にまいりますから、当然ですが、いつも大量の芒を目にいたします。 人の髪...

続きはこちら

オソロシクアートな花。(笑)

オソロシクアートな花。(笑) 父が昨日「中秋の名月は少し欠けてたんだよ。今日のお月様はほぼ満月らしいよ。」 そう言ったので、絵に描いたような「月と芒」を見たくなり、娘とすぐ傍の田んぼなのに、熊が出そうで怖いので車で見に行ってまいりました。 稲刈りの終わった田んぼは真っ暗で、はじめは虫の声だけしかなかったけれど、次第に目が慣れて、月明かりの明るさの中に、芒が泳いでいるように波打つ姿は感動的で、おまけにプッチーニのオペラ“...

続きはこちら

前の記事へ

ご予約はこちらより

Webでご予約頂戴致しましたら仮予約となります。必ず 【和田屋からメールまたはお電話で正式予約確認を致します。】 恐れながら、メールや電話がない場合は、再度ご連絡頂けますれば幸いでございます。