和田屋について 和田屋のお料理について 和田屋のお部屋について 和田屋のご婚礼・ご慶事

和田屋

白山比咩神社様となり。
白山麓の自然と囲炉裏があるだけの素朴な宿。
川魚・山菜料理 和田屋のおもてなし。

和田屋のコンセプト

当主ごあいさつ

創業江戸慶応。私共はお蔭様で百五十年あまりの長きに渡り、川魚と山菜料理の専門店して、商いをさせて頂いております料理旅館でございます。 白山さん(白山比咩神社)隣に商いさせて頂きます、和田屋という小さな食の店を通じて、 美しい白山麓の水と空気とそこで育った食物を召し上がって戴き、皆様が忘れていた何かを取り戻して戴けますれば、これほど嬉しいことはございません。

和田屋当主ごあいさつ

和田屋のコンセプト

和田屋のコンセプト

代々伝わる川魚と山菜料理、加賀料理の伝承。白山の自然豊かな地元食材と、恵まれた地下水を使用し、 金沢の雅とも違う、野趣と飾らない自然美を大切にした日本料理を堪能していただくこと。五事五有。節物。 白山の伏流水から丁寧にとった出汁から、和田屋の料理のすべては始まります。

自然と神域の中で、ここでしか味わえない和田屋らしい料理を ごゆっくりと召し上がって頂き白山麓を感じて頂けたらと願っております。

和田屋のコンセプト

囲炉裏の宿「和田屋」

囲炉裏の宿「和田屋」

和田屋の囲炉裏は川魚を焼くためにございます。 川魚は鮮度が命。6月~10月は、清新爽涼の姿の香魚「鮎」、10月~5月は川魚の王様「岩魚」をお焼きいたします。 料理人が目の前で焼く川魚の塩焼き。火のはぜる音、香り、料理人との会話、待つという贅沢な時間を味わって下さいませ。

和田屋の囲炉裏について

和田屋のお部屋

和田屋では六つのお部屋をご用意してお待ち致しております。 それぞれのお部屋から望む庭は、角度により様々にお楽しみいただけます。四季折々、山の風景が感じられます。全室囲炉裏付き。

囲炉裏の宿「和田屋」 囲炉裏の宿「和田屋」

和田屋のお料理

春は野や山の息吹を感じる山菜料理。夏は、清新な香りを放つ鮎料理。 秋は、芳香な茸、木の実、そして落ち鮎。冬は、薬喰。体を芯から温める和風ジビエ。 節物風光不相待。白山麓の野趣。地酒と共に渋味ある和田屋でのみお届け出来るお料理をご堪能ください。

囲炉裏の宿「和田屋」 囲炉裏の宿「和田屋」

和田屋のご宴席

和田屋の心を尽くしたおもてなし、ご法要・ご婚礼・お食い初め。和田屋の心を尽くしたお料理やおもてなしで皆さまの人生の門出や大切な思いで心を込めてお手伝いいたします。

囲炉裏の宿「和田屋」 囲炉裏の宿「和田屋」

和田屋 女将のつれづれ

お知らせや、山間の生活の中の小さな出来事などをお伝えさせて頂きます。

英語での説明書

英語での説明書  実は英語にストレスがある(時代に遅れとる!これではいかん!)当屋では、あまり、海外の方Welcomeにはなっていない、消極的なイケナイ(イケテナイ)HPなのですが、この頃、すこーしづつ、海外の方がいらして下さるようになりまして、こんなことではいけないと、慌てて電子辞書を使って、英語での館内いろいろの説明を作っているところなのですが、英語の出来ない私が、こんな恐ろしい英文館内説明を作って、大丈夫なのか!...

続きはこちら

朝御飯

朝御飯   先日のお朝食風景。大阪からおいで下さいました、お元気な男性グループ様。昨夜はあんなに召し上がったのに、お朝食もお代りをして本当によく召し上がって下さいました。 三年前に、朝食をお米から考え改め、「朝、何が食べたいか?」板場とよくよく考えましたところ、一番はおいしいご飯。次に、暖かいお味噌汁と焼き魚、やっぱり温かい出し巻き玉子、後はその日のご飯に合う山のモノ・・・という事になり、量はいらないけ...

続きはこちら

新米の季節

新米の季節   石川県白山市。石川県が誇る米の産地です。主に主食米ですが、酒米も多く作られます。(※写真は鳥越地区(旧・鳥越村。一向一揆の里です。朝、私が花採りの時に撮りました。稲穂が本当に美しかったです。) 台風前に稲刈りが進んでいました。今年も美味しいお米が食べられそうです。 当屋のお米は、鶴来、河内、鳥越(いずれも当屋から車で15分県内)で作られた、「ヒメの舞」(粒が大きく粘り気の強いお米です。)と...

続きはこちら

優曇華の花

優曇華の花    昨夜ご宿泊の、男性3名様の中のお一方から、朝お帰りの折に教えて頂いた。 「女将さん、お部屋の窓に、優曇華(うどんげ)の花が付いていましたよ。」 (写真の、糸のような先に小さな卵が付いているのがそれ。ガラスに映ってているので、見にくいかもです。) 「うどんげ?何ですか?それは?」 「3000年に一度咲くという、仏教の経典に出てくる架空の花に例えている、花のような、ウスバカゲロウの卵のことなんで...

続きはこちら

モノやコトの本質を見る時代に

モノやコトの本質を見る時代に   先日、同じ時期に続いて二度、同じようなお話をお聞きしました。 お二人とも「たくさんの物を消費する時代は終わって、これからの時代は、モノやコトの本質を見る時代にくる。」というお話でした。 お二人とも、40~50代にかけての現役の、その道のプロフェッショナルな方々ですが、大量消費でもなく、時代に合わせて様々に装飾されたモノではなく、「本物」の大切さに気付いた方々が増えるというか、「本物」に目を...

続きはこちら

ご予約はこちらより

Webでご予約頂戴致しましたら仮予約となります。必ず 【和田屋からメールまたはお電話で正式予約確認を致します。】 恐れながら、メールや電話がない場合は、再度ご連絡頂けますれば幸いでございます。