和田屋について 和田屋のお料理について 和田屋のお部屋について 和田屋のご婚礼・ご慶事

和田屋

白山比咩神社様となり。
白山麓の自然と囲炉裏があるだけの素朴な宿。
川魚・山菜料理 和田屋のおもてなし。

和田屋のコンセプト

当主ごあいさつ

創業江戸慶応。私共はお蔭様で百五十年あまりの長きに渡り、川魚と山菜料理の専門店して、商いをさせて頂いております料理旅館でございます。 白山さん(白山比咩神社)隣に商いさせて頂きます、和田屋という小さな食の店を通じて、 美しい白山麓の水と空気とそこで育った食物を召し上がって戴き、皆様が忘れていた何かを取り戻して戴けますれば、これほど嬉しいことはございません。

和田屋当主ごあいさつ

和田屋のコンセプト

和田屋のコンセプト

代々伝わる川魚と山菜料理、加賀料理の伝承。白山の自然豊かな地元食材と、恵まれた地下水を使用し、 金沢の雅とも違う、野趣と飾らない自然美を大切にした日本料理を堪能していただくこと。五事五有。節物。 白山の伏流水から丁寧にとった出汁から、和田屋の料理のすべては始まります。

自然と神域の中で、ここでしか味わえない和田屋らしい料理を ごゆっくりと召し上がって頂き白山麓を感じて頂けたらと願っております。

和田屋のコンセプト

囲炉裏の宿「和田屋」

囲炉裏の宿「和田屋」

和田屋の囲炉裏は川魚を焼くためにございます。 川魚は鮮度が命。6月~10月は、清新爽涼の姿の香魚「鮎」、10月~5月は川魚の王様「岩魚」をお焼きいたします。 料理人が目の前で焼く川魚の塩焼き。火のはぜる音、香り、料理人との会話、待つという贅沢な時間を味わって下さいませ。

和田屋の囲炉裏について

和田屋のお部屋

和田屋では六つのお部屋をご用意してお待ち致しております。 それぞれのお部屋から望む庭は、角度により様々にお楽しみいただけます。四季折々、山の風景が感じられます。全室囲炉裏付き。

囲炉裏の宿「和田屋」 囲炉裏の宿「和田屋」

和田屋のお料理

春は野や山の息吹を感じる山菜料理。夏は、清新な香りを放つ鮎料理。 秋は、芳香な茸、木の実、そして落ち鮎。冬は、薬喰。体を芯から温める和風ジビエ。 節物風光不相待。白山麓の野趣。地酒と共に渋味ある和田屋でのみお届け出来るお料理をご堪能ください。

囲炉裏の宿「和田屋」 囲炉裏の宿「和田屋」

和田屋のご宴席

和田屋の心を尽くしたおもてなし、ご法要・ご婚礼・お食い初め。和田屋の心を尽くしたお料理やおもてなしで皆さまの人生の門出や大切な思いで心を込めてお手伝いいたします。

囲炉裏の宿「和田屋」 囲炉裏の宿「和田屋」

和田屋 女将のつれづれ

お知らせや、山間の生活の中の小さな出来事などをお伝えさせて頂きます。

オリジナル・チーズクリーム小豆ソフト

オリジナル・チーズクリーム小豆ソフト   当屋のお隣の甘味処「善与門(ぜんよもん)」のお蔭様で一年中人気のオリジナルソフト「チーズ・クリーム小豆ソフト」。(このあっさり味のチーズソフトクリームの味を決めるまでにかなりお時間がかかってしまいました。(笑)) チーズの嫌いな方も食べられてしまう、さらりとしたチーズ臭さのないソフトクリームに、国内産小豆をゆっくり甘過ぎない甘さに炊いた善与門特製の手作りあんこをたっぷり入れたソフトクリーム...

続きはこちら

子持ち鮎一番良い時です。

子持ち鮎一番良い時です。   子持ち鮎の一番良い時です。毎年「いつまで食べられますか?」とお聞きいただきますが、昨日料理長に聞きましたら、20日頃まで行けそうですとのこと。 鮎が終わればいよいよ「川の王者の岩魚の塩焼き」が始まりますが、それまでもうしばらく最後の落ち鮎(子持ち鮎)をお楽しみ下さいませ。 ※恐れながら、もう「鮎づくしは終了致しました。」 「鮎塩焼き多め」でございましたらまだ出来ますので、ご予約の折に、予約...

続きはこちら

根っこの部分

根っこの部分  先日地元のお客様に当屋のお料理のお値段が安くないことを、お心のこもったお優しい言葉でおっしゃって頂きました。 その時私が申し上げましたことは・・・ 六室(広間を入れますと七室)しかない小さな料理屋ですが、各お部屋で必ずお魚を焼くためと、ほぼすべてを手作りの為、料理人が現在5人おりますが、一人は息子で、いろいろな仕事を兼任しております為、たまに抜けますが、朝一に、地下水・・・当屋はやや硬水の為、温度...

続きはこちら

館内に蝶が飛んでいます。

館内に蝶が飛んでいます。   日本の伝統工芸の彫金技術を用いた、金属の蝶が館内の壁面に。。 只今、玄関入りましたすぐのお廊下に飛んでいますが、場所は変更になる予定でございます。(どこになるかな。(笑)) 当屋のお食事のお部屋の「季重(ときかさね)」の中にも、伝統工芸の漆芸を用いた漆の作品がございますが、どちらも20~30代の若い作家さんですからとても現代的。古典の作品もとても好きなのですが、こんな風に伝統工芸の中に新しい...

続きはこちら

驚き!「四角豆」。

驚き!「四角豆」。  ご近所に近隣の農家さんが多く作物を出していらっしゃるスーパーがあるのですが、そこに「四角豆」たる見たこともないお豆が売っていたので、即買い。(笑) 「おおー!四角いと言えば、四角い!周りのヒダヒダがカワイイ不思議なお豆?」食べてみたら、ズッキーニのようでもあり、でもこの形はやはり豆っぽいなあ。この年になりまだ生まれて初めてがあるなんて感激した一日でございました。とても美味しかったです。ありがと...

続きはこちら

ご予約はこちらより

Webでご予約頂戴致しましたら仮予約となります。必ず 【和田屋からメールまたはお電話で正式予約確認を致します。】 恐れながら、メールや電話がない場合は、再度ご連絡頂けますれば幸いでございます。