和田屋について 和田屋のお料理について 和田屋のお部屋について 和田屋のご婚礼・ご慶事

和田屋

白山比咩神社様となり。
白山麓の自然と囲炉裏があるだけの素朴な宿。
川魚・山菜料理 和田屋のおもてなし。

和田屋のコンセプト

当主ごあいさつ

創業江戸慶応。私共はお蔭様で百五十年あまりの長きに渡り、川魚と山菜料理の専門店して、商いをさせて頂いております料理旅館でございます。 白山さん(白山比咩神社)隣に商いさせて頂きます、和田屋という小さな食の店を通じて、 美しい白山麓の水と空気とそこで育った食物を召し上がって戴き、皆様が忘れていた何かを取り戻して戴けますれば、これほど嬉しいことはございません。

和田屋当主ごあいさつ

和田屋のコンセプト

和田屋のコンセプト

代々伝わる川魚と山菜料理、加賀料理の伝承。白山の自然豊かな地元食材と、恵まれた地下水を使用し、 金沢の雅とも違う、野趣と飾らない自然美を大切にした日本料理を堪能していただくこと。五事五有。節物。 白山の伏流水から丁寧にとった出汁から、和田屋の料理のすべては始まります。

自然と神域の中で、ここでしか味わえない和田屋らしい料理を ごゆっくりと召し上がって頂き白山麓を感じて頂けたらと願っております。

和田屋のコンセプト

囲炉裏の宿「和田屋」

囲炉裏の宿「和田屋」

和田屋の囲炉裏は川魚を焼くためにございます。 川魚は鮮度が命。6月~10月は、清新爽涼の姿の香魚「鮎」、10月~5月は川魚の王様「岩魚」をお焼きいたします。 料理人が目の前で焼く川魚の塩焼き。火のはぜる音、香り、料理人との会話、待つという贅沢な時間を味わって下さいませ。

和田屋の囲炉裏について

和田屋のお部屋

和田屋では六つのお部屋をご用意してお待ち致しております。 それぞれのお部屋から望む庭は、角度により様々にお楽しみいただけます。四季折々、山の風景が感じられます。全室囲炉裏付き。

囲炉裏の宿「和田屋」 囲炉裏の宿「和田屋」

和田屋のお料理

春は野や山の息吹を感じる山菜料理。夏は、清新な香りを放つ鮎料理。 秋は、芳香な茸、木の実、そして落ち鮎。冬は、薬喰。体を芯から温める和風ジビエ。 節物風光不相待。白山麓の野趣。地酒と共に渋味ある和田屋でのみお届け出来るお料理をご堪能ください。

囲炉裏の宿「和田屋」 囲炉裏の宿「和田屋」

和田屋のご宴席

和田屋の心を尽くしたおもてなし、ご法要・ご婚礼・お食い初め。和田屋の心を尽くしたお料理やおもてなしで皆さまの人生の門出や大切な思いで心を込めてお手伝いいたします。

囲炉裏の宿「和田屋」 囲炉裏の宿「和田屋」

和田屋 女将のつれづれ

お知らせや、山間の生活の中の小さな出来事などをお伝えさせて頂きます。

手取川の天然鮎。

手取川の天然鮎。  雨が程よく降って、かなり気温が下がって、過ごしやすくなりました。お盆に入り、多くの懐かしいお顔ぶれのご家族様にお越し戴き本当に有難く嬉しく感謝致しております。  今年はお蔭様で、地元「手取川」の天然鮎がよく入っております。土砂崩れがあってから、二年ほどはほとんど、手取川の鮎は入っておりませんでしたので、私も本当に嬉しく思っております。完全に元に戻るまでは、まだかなりの日数がかかると思います...

続きはこちら

家族でお迎えする「オーベルジュ」でございます。

家族でお迎えする「オーベルジュ」でございます。  店は「和田屋(わたや)」と申しますが、私共家族の性は「和田(わだ)」と申します。昔から【店は濁らずがよい】とされることから、濁らずにお呼び頂けましたら嬉しく思います。 もう二週間ほど雨が降らないものですから、毎日庭木に水を撒いてくれる父・五代目主人でございます。御年82でございますが、今だ、頭はしっかりと元気でございます。今日もお客様が庭を見てほっとなさって下さいますよう、心込めて手入れをし...

続きはこちら

当屋は【泊まれる料理屋】でございます。

当屋は【泊まれる料理屋】でございます。  この頃、新幹線で関東からお越し頂く食に拘りのあるお客様が、多くお越し頂くようになってから、「和田屋さんは旅館かと思ったらそうではないのですね。」と時々おっしゃって頂き、最初は意味が解らなかったのですが(何しろ、生まれた時からこの家にいるものですから(笑))、よくよく今の時代に合う私共の店の立ち位置を考えましたら、「泊まれる料理屋」もしくは「和風オーベルジュ」と呼んで頂くのが、ぴったりなのかなと...

続きはこちら

フランソワ現る。(笑)

フランソワ現る。(笑)  庭で放し飼いの私のペットの「フランソワ」(蛙です。書かなくてもわかる。)でございます。今年初お目見えでございます。今日のフランソワは体長5~6センチでございますが大きいのは8センチ以上あるモノもおります。さすがにこの暑さは堪えるのでしょうか? 目がうつろでございます。(笑)

続きはこちら

天然鮎の釣り師の素顔2

天然鮎の釣り師の素顔2   台風の影響がほとんどなく、雨も降らなかった白山麓でございます。お蔭様と申しますのか、今日も鮎の釣り師のお父様方がぞくぞくと鮎を届けて下さいました。(ありがとうございます。) 「今日は犀川や。まあまあいい鮎やろ。ええ色しとる。」などと、板場と会話しながらの鮎の大きさ選別は、創業当時から変わらぬ姿です。 私も子供の頃から、父と釣り師の皆様が会話する姿をずっと見てきました。 それにしても、...

続きはこちら

ご予約はこちらより

Webでご予約頂戴致しましたら仮予約となります。必ず 【和田屋からメールまたはお電話で正式予約確認を致します。】 恐れながら、メールや電話がない場合は、再度ご連絡頂けますれば幸いでございます。